早稲田大学

画像

(*)早稲田大学の受験情報 掲示板(受験勉強法や日程や入試問題)
http://makingsense.sakura.ne.jp/uni-juken/waseda.html
受験対策、入試問題、推薦入試、日程、合格体験記、過去の入試問題、過去問、受験対策、参考書、掲示板、BBS、評判、合格点、偏差値、合格最低点、勉強法など

・早稲田大学
・早稲田大学政治経済学部
・早稲田大学法学部
・早稲田大学文学部
・早稲田大学教育学部
・早稲田大学商学部
・早稲田大学基幹理工学部
・早稲田大学創造理工学部
・早稲田大学先進理工学部
・早稲田大学社会科学部
・早稲田大学人間科学部
・早稲田大学スポーツ科学部
・早稲田大学国際教養学部






(*)大学受験ガイド ウィキブックス(Wikibooks)

<試験問題のレベル>
全学部に共通することは、早稲田の入試問題を単なる受験勉強の延長と限るのではなく、壁の分厚さを強く感じつつも、やればやるほどよく解かる早稲田入試問題の特殊性にも興味を持ち研究できる者~いわゆる大学に入っても勉強のみに限るのではなく、それ以外の事にも興味を持ち熱中できる学生~を迎え入れていく方針が垣間見え、「開かれた大学を目指している」といった教授の声も聞かれる。

<受験者層>
例年、関東地方を中心に日本全国から受験生が集まる(ただし、近年では関東地方の受験者が7割を超える)。試験日程が2月中旬開始と私大としては比較的遅いため、他の私大とは日程が被らず、学部同士では被らないようになっており、かつセンター利用入試をほぼ全学部で実施しているので、受験者数が10万人以上と全大学中最多である。また国立大学前期試験とは日程が空くので、在京の国立大学との併願を検討している地方の受験者は受験旅行の予定を組む際に注意が必要である。
早稲田大学を第一志望にしている人は、第一志望学部以外にも、複数の学部を受験する傾向が強い(法学部志望者でも文学部や教育学部を受験したりする)。中には受験は水物ということを考慮し、首都圏在住の受験生には5学部以上を受ける者も存在する。また政治経済学部や理工学部などの上位学部には、国公立大受験者や、国公立医学部医学科の受験者も文系、理系問わず多数併願してくるので入試倍率、合格最低点共に非常に高い。

<合格者数>
私大の入試の特徴として、募集人員以上の人数の受験者に合格が与えられることが挙げられるが、早大もその例に洩れず、どの学部も募集人員の2倍程度の人数が合格になっている。国立大併願の受験生がダブル合格した場合、多数そちらに流れるため、と考えられる。よって、実質倍率(受験者数÷入学許可者数)は試験前の発表倍率のおよそ半分程度である。記念受験の受験者が存在することを考えれば、実際にはもっと低いと推測できる。数字に気圧されずに挑戦してほしい。






(*)早稲田大学ホームページの入試情報
http://www.waseda.jp/nyusi/index.html






(*)私立大学の入試状況(2012年度入試)
http://www.yomiuri.co.jp/education/kouza/nyushi/1205/n1205_2.htm
 2012年入試の私立大学の出願者数は僅かながら増加しました。しかし、これは1回分の受験料で複数回の受験が可能となる受験料軽減制などから一人当たりの受験校数が増加しているためと考えられます。また入試方式別にみても、一般入試・センター利用入試ともに増加しています。
 系統別の志願者状況をみると、国公立大学と同様に比較的就職に強いといわれる理・工系や農・水産系、そして資格取得系学科である医療・保健系や食物栄養系などで志願者を増やし、法律・政治、経済・経営・商などの社会科学系学科では、志願者を減少させるという「理工文低」傾向が見られます。

<法・政治学系>
 難易ランクに関係なく志願者を大幅に減らし、系統全体として0.6のレベルダウンとなりました。偏差値60以上の大学でレベルアップしているのは僅かで、ほとんどの大学がレベルダウンしています。中でも慶應義塾大・法、早稲田大・政経、上智大・法は志願者減少による実質倍率の低下から1.0以上の大幅レベルダウンとなっていますし、GMARCHクラスの法・政治系学部でも軒並みレベルが低下しています。さらに偏差値50以上の中堅大学においてもレベルアップしている大学は10大学しかなく、ここでもレベルダウンが目立っています。

<経済・経営・商学系>
 3年連続で志願者数を減らし実質倍率も低下し続けているため、この系統全体としては0.4のレベルダウンとなりました。偏差値60以上の大学では法学系に比べてレベルの低下幅が小さく、慶應義塾大・商、明治大・商・政経、同志社大・経済・商、立命館大・経済などのレベル変動は横ばいの状態です。また、日東駒専、龍甲産近など偏差値50台前半の大学におけるレベルダウンは目立つものの、青山学院大・経済、中央大・経済、南山大・経営などでは上位層の合格者増加によりレベルアップするなど、一方的なレベル低下とはなっていません。

<人文科学系>
 一昨年、昨年と連続でレベルアップした反動もあり、全体としては0.4のレベルダウンです。合格者を1割増やした慶應義塾大・文、一般入試の募集人員を大幅に増やした上智大・文・外国語では大幅なレベルダウンとなりました。偏差値60以下の大学では、経済系と同様に偏差値50台前半の大学を中心にレベルダウンとなっていますが、個別にみると学習院大・文、国学院大・人間開発、明治学院大・社会、立教大・現代心理などでは志願者増または合格者減による実質倍率の上昇により、レベルアップしています。

<理・工学系>
 3年連続して志願者数が大幅に増加したものの、難易ランクは0.3のレベルダウンとなりました。偏差値60以上の大学では、早稲田大・3理工、慶應義塾大、上智大、東京理科大・工、同志社大・理工などが、東工大2〜6類の後期廃止や大阪大・工の後期廃止の影響から上位受験生を集め、軒並み1.0以上の大幅レベルアップとなっています。その一方で、中堅大学では7割の大学がレベルダウンとなっています。特に理工系単科大学などの中堅大学においては、下位層の志願者が増加し合格者数についても偏差値50以下の層で増加したためにレベルダウンしている大学が目立ちます。






(*)難関大学の受験 難関大学 受験対策 掲示板 家庭教師
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/uni-juken-index.html






┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
家庭教師 紹介サークル
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/katei.html
家庭教師の紹介(派遣)をしてほしい方や、家庭教師(無料登録)をしたい大学生のためのページ(個人契約、直接契約)です。
紹介ページリストの中から、お気に入りの家庭教師(大学生、男性、女性)を自由に選ぶことができます。
学校の補習(予習、復習;算数、数学、英語、理科、国語、社会)、定期テスト対策(中間テスト、期末テスト)や、受験対策(中学受験,高校受験,大学受験)、夏休み、冬休み、春休み指導など、お子様の御希望に合わせてお選びください。
特に、受験生の場合、志望校が決まっているようでしたら、その志望校の出身あるいは、在校の家庭教師なら、受験指導の他に、偏差値や入試問題の特徴や体験談や勉強法のアドバイス、さらには、校風や評判といった情報も教えてもらえるかもしれません。
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

広告

タグ: , , , , , , , , , , , ,


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。